CARBING ロワアームバー

ロワアームバー

ボディのネジレをねじ伏せる

ロワアームバーは、サスペンションアーム取付部分の左右(前後)をパイプで結合し、コーナリング時に発生するサスペンションメンバーの捻れを抑える補強パーツです。アライメントの変化を抑制しサスペンション本来の性能を引き出す足回りの補強パーツです。

 

 

CARBING ロワアームバーの特徴

CARBING ロワアームバー
CARBING ロワアームバーは、ねじれ剛性に優れたスチール製オーバルシャフト(パイプ口径20×40φ)を採用。

左右のアームを結ぶシャフトはブラケットと溶接し一体形成にすることでさらに軽量化と強度を高めます。インチアップ車やハイグリップ装着車、なかでも車両重量が重たいもの程、絶大な効果をもたらします。

形状一覧

ロワアームバー Type I

スタンダードな2点支持、ジョイントレスの一体型。

ロワアームバー Type II

左右のロワアームを複数に点で繋ぐ最強形状。ジョイントレスの一体型。

ロワアームバー Type SQ

スクエア形状の4点支持。ジョイントレスの一体型。※MR-S、SMXのみの設定

ロワアームバー Type X

スタンダードな2点支持、ジョイントレスの一体型。

ロワアームバー Type C

左右のロワアームを複数に点で繋ぐ最強形状。ジョイントレスの一体型。