• ロールバー
  • ロールバー関連パーツ
  • ストラットタワーバー
  • ロワアームバー
  • フレームブレース
  • フロアサブフレーム
  • トーイングフック
  • フリップアップトーイングフック
  • アンダーパネル
  • ラジエタークーリングプレート
  • パッセンジャープレート
  • カーボンメーターフード
  • インテークパーツ
  • タンク
  • 競技パーツ
  • オリジナル
  • その他

ロールバー

※ロールバーにつきましては、法人様宛か営業所止めでご注文を受付しております。
 個人宅への発送はいたしておりませんので、ご了承下さいますようお願い申し上げます。

ロールバーブランドについてDASHロールバーCARBINGロールバーOKUYAMAロールバーロールバー各部名称ロールバーポイント No.パッドの巻き方ロールバー貫通タイプと逃げタイプロールバー最小限の構成注意事項

ロールバー ブランドについて

ブランド DASH ロールバー CARBING ロールバー OKUYAMA ロールバー
国産/インポート 国産車 インポートカー
材質 スチール製 アルミ製 スチール製・アルミ製
特徴 ボディ剛性のアップはもちろん、安全性を考慮し、パイプにはSTKM13炭素鋼を使用。キズに強い粉体焼付塗装つや消しブラック(他の色を選ぶ事も可)。 同一形状のスチール製と比べ45%の軽量化。表面の仕上がりはバフ加工を施し、室内のドレスアップにも最適です。 インポートカー専用ブランドです。ジョイントはJAFスペックのジョイントになります。
  詳しく見る(ロールバー) 詳しく見る(ロールバー) 詳しく見る(ロールバー)
DASHロールバー
ダッシュロールバー
競技参加を主眼に置いたこだわりの逸品

ロールバー専門メーカーオクヤマがコンペティションシーンで培ったノウハウをフィードバック。
ボディー剛性のアップはもちろん、安全性を考慮した設計で万一のアクシデント時のリスクを軽減。
コンペティションからストリートユースまで用途に応じて、豊富なバリエーションをラインナップ!
スチール製(STKM13)φ40 t=2.0

ロールバー Bピラー止め
標準装備のBピラー止め

オクヤマでは他メーカーに先がけ、Bピラー止めが標準装備になっています。
( 一部の車種を除く )

Bピラーを固定することによりボディ剛性の向上はもちろん、スポーツ走行時に車両が横転した場合のロールバーが倒れようとする現象を防ぎ、乗員保護の面において威力を発揮します。

<ロールバーカラー詳細>

  • ・マットブラック:
  •  通常のマットブラック(半ツヤ)に加え ・ブラック(ツヤ有り)のご注文が可能です。
     金額は通常の塗装と変わりません。
  • ・シルバー:+¥10,000にてご注文が可能です。
  • ・ホワイト:+¥8,000にてご注文が可能です。

<ご注文方法>

  • ご注文時に上記のご希望のお色をお伝えください。
  • ※ お色の指定がない場合は通常のマットブラック(半ツヤ)塗装となります。
  • ※ 場合によりお時間を頂くことがありますので、ご了承ください。

このページのトップへ

CARBING ロールバー
CARBING ロールバー
同一形状のスチール製と比べ約45%の軽量化

ロールバー専門メーカーオクヤマがコンペティションシーンで培ったノウハウをフィードバック。
ボディー剛性のアップはもちろん、安全性を考慮した設計で万一のアクシデント時のリスクを軽減。
軽量素材のアルミシリーズ等、用途に応じて、豊富なバリエーションをラインナップ。
アルミ製(A6063)φ40 t=3.0

このページのトップへ

OKUYAMA ロールバー
OKUYAMA ロールバー

ロールバー専門メーカーオクヤマがコンペティションシーンで培ったノウハウをフィードバック。

ボディー剛性のアップはもちろん、安全性を考慮した設計で万一のアクシデント時のリスクを軽減。
限りなくピラーに沿うことにより剛性と同時に広い視野も確保しています。
スチール製(STKM13)φ40 t=2.0
アルミ製(A6063)φ40 t=2.3

このページのトップへ

ロールバーの各部名称

ロールバー各部名称

このページのトップへ

ロールバーのポイントと「No.」

No.1 [4P]

ロールバー No.01 [4P]

No.2 [5P]

ロールバー No.02 [5P]

・リア斜行バー

No.2T [5P定員]

ロールバー No.02T [5PT]

・定員乗車

No.5 [6P]

ロールバー No.05 [6P]

No.6 [6P定員]

ロールバー No.06 [6P]

・定員乗車

No.7[7P]

ロールバー No.07 [7P]

・リア斜行バー

No.8 [8P]

ロールバー No.08 [8P]

・フロントサイドバー

No.9 [8P定員]

ロールバー No.09 [8PT]

・定員乗車
・フロントサイドバー

No.10 [8P]

ロールバー No.10 [8P]

・リア斜行バー
・リア平行バー

No.11 [8P]

ロールバー No.11 [8P]

・リアクロスバー

No.12 [9P]

ロールバー No.12 [9P]

・リア斜行バー
・フロントサイドバー

No.13 [10P]

ロールバー No.13 [10P]

・リア斜行バー
・リア平行バー
・フロントサイドバー

No.14 [11P]

ロールバー No.14 [11P]

・リアクロスバー
・リア平行バー
・フロントサイドバー

No.15[13P]

ロールバー No.15 [13P]

・リア斜行/平行/サイドバー
・本体平行バー
・フロントサイドバー

No.16 [14P]

ロールバー No.16 [14P]

・リアクロス/平行/サイドバー
・本体平行バー
・フロントサイドバー

No.20 [10P]

ロールバー No.20 [10P]

・リアクロスバー
・フロントサイドバー

※FIA形状はお車の年式によりロールケージのポイント数が変わります

このページのトップへ

! ロールバーに関する注意事項 !

  • ※ ロールバーの取付けは、ボディーの穴あけや内装加工、車種によっては塗装が必要です。
      技術あるプロショップでの取付け作業を推奨致します。
  • ※ 公道を走行する車両(ナンバー付車)は乗員保護用の緩衝材(ロールパッド)の装着が義務付けられています。
  • ※ 乗車定員が変わるタイプのロールバーを装着した場合は、乗車定員の手続きを行って下さい。尚、乗車定員の変更の手続きを行った場合、検査(車検)期間が新たに2年間になります。(新規登録時取付けた場合は3年間)詳細は管轄の陸運事務所で確認してください。

競技参加者の方へ

競技規則は変更する場合があります。最新の競技規則書を参考に、各カテゴリーに適合するタイプのロールバーを選択して下さい。詳細は競技主催者へお問い合わせ下さい。

 

このページのトップへ

通信販売について ┃ お取付・販売について ┃ 製品検索:車種から検索製品から検索 ┃ 

会社案内 ┃ Blog ┃ サイトのご利用について ┃ リンク ┃ お問い合わせ ┃