• ロールバー
  • ロールバー関連パーツ
  • ストラットタワーバー
  • ロワアームバー
  • フレームブレース
  • フロアサブフレーム
  • トーイングフック
  • フリップアップトーイングフック
  • アンダーパネル
  • ラジエタークーリングプレート
  • パッセンジャープレート
  • カーボンメーターフード
  • インテークパーツ
  • タンク
  • 競技パーツ
  • オリジナル
  • その他

エンジン ブローバイ セパレータータンク

タンク

チューニングエンジンの必需品

チューニングエンジンの必需品、「オクヤマ エンジン ブローバイ セパレータータンクシリーズ」。
エンジンから発生する様々なガスの中で、走行距離に比例して多くなりがちなブローバイガス。 このガスは、通常、循環装置によって吸気インテークやエアクリーナーに戻され再燃焼させることで 大気に放出させないようにしていますが、インテーク内に戻されるブローバイガスや微粒子などの化合物は、 100%が燃焼されるわけではありません。ガスの一部は液化(スラッジやカーボンを含むオイル)へと変異し、ラッジやカーボンを含むオイル)へと変異し、 インテークパイプやインテークマニホールドに付着して汚れの層を作り出したりそのままインテークポートより 燃焼室に入り込んだりしてしまいます。その結果、吸入効果や燃焼効率の低下の原因となるとともに、白煙の増加にもつながります。
この現象の対策として、インテーク内に戻す前にガスを溜める場所を設け、 液化した不純物をできる限り取り除き、且つ、分離したオイルをオイルパンに戻す作用を待たせたのが 「オクヤマ セパレータータンクシリーズ」です。
また、走行が少ないのにオイルキャッチタンク内のオイルのたまり量が多ければエンジンに何らかのトラブルを抱えている証拠です。それらのトラブルの早期発見にも役立つ、正にマストアイテムです。

エンジン ブローバイセパレータータンクの特徴

内部に特殊な仕切り板を装着することで、ブローバイから出たオイルを確実にエンジンブロックに戻し、 従来起こっていたインテークマニホールドへのエンジンオイル浸入よるエンジン不良を防ぎます。
材質は船舶等でも使用される、軽量で耐久性に優れたアルミ素材(A5052)を採用し 温度変化の激しいエンジンルームの厳しい環境に対応出来るアルマイト表面処理を施しました。
取り付けもボルトオンです。

タンク

Line Up

 Code:H

BMW
車種 型式 品番 価格 画像  
M3 E36 E-M3 207 728 0 製造終了 製品詳細
M3 E46 BL32 207 733 0 製造終了 製品詳細

 

 

通信販売について ┃ お取付・販売について ┃ 製品検索:車種から検索製品から検索 ┃ 

会社案内 ┃ Blog ┃ サイトのご利用について ┃ リンク ┃ お問い合わせ ┃